寝起きの口臭の原因と予防方法

人気の口臭対策サプリメントTOP6はこちら

寝起きの口臭

1日のうちで、寝起きは1番口臭がきつくなります

これは、誰にでもいえることです。

睡眠中は唾液の分泌量が抑制されますので、口の中の細菌が増殖して口臭が発生しやすくなります。

そして、寝る前や夕食後に歯磨きをすると思いますが、この歯磨きが正しく行なわれていなかったり、
歯磨き自体が十分に行われていないようだと、寝起きの口臭がきつくなります。

それは睡眠という長い時間をかけて、口の中の食べかすが臭い成分へと分解されるからです。

寝る前や夕食後の歯磨きは虫歯のない健全は歯を作るだけでなく、
口臭を防ぐ効果もありますので、絶対に忘れずに正しく磨くようにしてください。

しかし、寝起きの口臭は生理的口臭とも呼ばれ、ある程度は仕方がないとされています。

そのため、できるだけ早く寝起きの口臭を消し去ることを心がけるべきでしょう。

例えば、寝起きは水分をとるようにして口の中の渇きをなくし、
うがいや歯磨きで口の中から増殖した細菌を追い出すことが効果的です。